8月のスクーリング終了。これから課題の「短編小説」書きます。

8月の、3泊4日のスクーリングが終了しました。

さすが夏休み期間で、行きは高速バスが1時間以上over(3時間でつくはずが4時間ちょい)しました。運転手さんもお疲れだと思います。

猛暑ではなかったけど、陽が盛んなこの時期の生活の変化は、かなり体調面にきました。食欲もあまりなく……です。

少しずつ「書く」の実践へ

今回は「文章技法」についての授業でした。
別の授業で聞きかじってる技法もあったけど、更に細かい内容でした。

今後読書する時に「はっは~ん。これはあの技法だな~」なんて小生意気に知ったかぶる読者にならないように気を付けたいですが、作品をもう少し熟読できるんじゃないかと思います。

そして3日間毎日、実践(書く)の時間があって、ど素人レベルの私も、みなさんと同じように書きました。

書けないから、書けるようになりたくて勉強しに行ったら、けっこういきなり「書く」んです。書けないのに書くという。しかもすごい短時間で(汗)。血の気が引くわ、トイレに行きたくなるわ。

そういえば昔、英会話のNOVAに通ってた時も同じこと思いました。英語がしゃべれないから習いに行ったのに、最初から完全に「Japanese禁止」。なので最初は、単語とゼスチャーで四苦八苦でした。

だけどそのスパルタのおかげで、確かにグンと成長した気がします。「書く」ことも同じなんでしょうね。っていうか、勉強ってそういうことなのかな。

授業でお初の小説(的な文章)

今回、初めて「小説」的な文章を書きました。と言っても完全な作品ではなく、ある一部分だけを、小説的文章として書いただけです。

人間には底力的なパワーがあるんでしょうか。
書いたことないのに、何となく書きました。ヘタッピだけど書いたんです。「書けた」とは言えません。書く時間も短いので、納得のいく文章でもありません。それでも、何とかその時間に書きました。外を歩くより汗かいて水も飲みました。

何名かの上手く書けた文章が紹介されました。もーのすごく良かったです!
同じ席に座っている学生だけど、しっかり読書して、書く練習もされていて、感性やセンスも良い方なんだろうと思います。すっごく勉強になりました。

稚拙な文章を添削してくださる先生には、なんとお礼を言ってよいのか。簡単なコメントを書いてくださってましたが、ものすごく的をつかれていて衝撃的でした。感謝しかない。

これから「短編小説」を書きます

スクーリングの提出課題は、短編小説か論述レポートです。
せっかくなので、短編小説を書いてみようと思います。作品を添削して頂けるチャンス。

〆切まで時間がないので、帰りの高速バスの中でストーリーを考えました。
なぜか頭の中に出て来るのが「動物」ばかりで、『けものフレンズ』みたいなことになっています。これって小説になるんだろうか? 動物小説? 単位をもらえるのか?

これから9月上旬までにやること。
●レポート1つ(ほぼ完成している)
●短編小説1つ(真っ白)
●試験2つ(未勉強)

ちょっとやること多いんですよね(汗)。
初めての短編小説なのでしっかり練って書きたかったけど、どきどきわくわくとか言ってる場合ではないです。たんたんと書かねば。

今日はもったいないけど、1日のんびり過ごしました。
明日から、気合い入れて頑張ります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク