10月のスクーリング(3日間)終了。いい人ばかりと出会った。

2017年10月9日の日記。

10月のスクーリング(3日間)終了しました

昨夜0時に、帰宅しました(今日ですね)。
片道、高速バス3時間+車1時間=4時間。
まぁまぁ長い。

今朝は、お風呂に入ってから洗濯物をいっぱい干しました。
脱力しているのか…あっという間に日が落ちてしまった。

ドミトリーらしいドミトリー

7・8月と利用したゲストハウスが「満室」だったので…
10月は違うゲストハウスに止まりました。

1泊2,500円で安くて嬉しいけど、大丈夫かな?
と色々思いつつも、行ってみたらなんかとても良かったです。

オーナーさんやスタッフさんも、いい方ばかりでした。

夜は、同大学の方や同世代の方と、お茶飲みながらお話。
上のベッドの方(他県)とは、同じ知人がいたという世間の狭さ。

朝、川沿いを散歩した後、
同じく川沿いをランニングしてきた青年客と、少しお話。
それぞれの人生の季節があるなぁと、しみじみ感じる。

大学や食べ物の情報も色々とGet。

(線路沿いの帰り道〈大学→ゲストハウス〉)

大学の人達

通信大学生活も「半年」過ぎました。
一部の人達は「卒業研究」をスタートさせてます(私は来年からの予定)。

卒業研究で近しくなった方々の「輪」ができていて…
久し振りに大学に行ったら、何だか今までと様子が違う


(読めない英文資料も配られる…(汗))

これまで封印されていた会話が解き放たれたかのように…
バベルの塔の下でバラバラになった会話が統一されたかのように…
セコムが解除されたかのように…

みんながしゃべりだした。

そして、
どさくさに紛れて、私もちょこっと入れてもらった。

卒業研究や課題について教えてもらったり、
大学で色々やってる無料イベントの情報もらったり、

先に入学してる先輩たちの助言は、ホント有難い。

誰と話してても、楽しかったのは、
みんな、苦しくても事情があっても「前」を向いてるからだろうな。

おわりに(知らない人といっぱいお喋り)

市営バスでは、気さくなおじ様と大話。
そのバスに、日本語まったくダメな韓国人女性が乗ってきて、
みんなでゼスチャーで話して、目的地で降ろした。

コンビニのレジのおば様とも会話。
会う人会う人と会話。もうかなり不思議。

これまで”まったく”だったのに…
今回のスクーリングは、何かの壁が崩壊したかのように、
たくさんの人と出会って、そしてお話しました。

先月(9月)はスクーリングがなかったので、
私の人を求める「引力」がフル充電になっていたのかも。

悪い人が全く見当たらないという3日間でした。
10月は「神無月」だけど、鬼もいない感じ。

「鬼無月」
(読むとしたら…「きなづき」?)

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク