シンデレラ・ストーリーは自分で書こう(久々の通帳記入)。

久し振りに、おそるおそる通帳記入してきました。

まぁ……まだ何とかスクーリングには行けそうだし、ご飯も食べられそうです。

大学とお金

先日のスクーリングで若い学友(3年次編入)が…
「(大学の)2年分しか貯金してないから2年で卒業する」と、言ってました。

彼女は最初から2年で卒業するつもりで、2年分の軍資金で挑んだのだろう。

私も入学当初は、金銭面から2年卒業を考えてたけど……どうにも単位取得が厳しくて、3年に変更しました。

ということは、学費がかさむということです。

使っていいお金は「貯蓄の半分まで」と決めています。
もう半分は「老後貯蓄」。
なので、手を付けずに置いておきたいです。

今のところまだ半分に達してないけど、散財もできない状況です。

ごはんは極力、節約です。
服がやぶれたら、アップリケです。
車が壊れたら自転車にするかもしれないけど、PCが壊れたら買うしかない。

お金がないと生き難い。

だけど、
もしも「うちでのこづち」を拾ったら、お金をじゃんじゃん出して!より……「たくさんの人の心を震わせる名作を書かせて」と願うかな。

卒業ごろには50歳に近い年になるから、社会のニーズもほぼないでしょう。

お金があるうちにしっかり勉強して腕を磨いて、リアルでは起こり得ない「シンデレラ・ストーリー」を書くことにします。

あぁ、なんかそれ楽しいかも。
手に入らないものは全部、小説にすればいいのだ。

『Cinderella story』青 玉子(2017)

第一章:助けた人は御曹司
第二章:思いがけない受賞
第三章:驚きの通帳記入
第四章:映画化初日の舞台挨拶
第五章:御曹司からの指輪
第六章:五か国語に翻訳されて海外出版
第七章:まさかのノーベル文学賞

章立てだけで楽しめる。
妄想も生きる力だな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク