『百年の孤独』を読みました。どのページもどの1文も面白い。

『百年の孤独』ガブリエル ガルシア=マルケス(初版1967)
(写真の本:新潮社・改定版、2006、訳:
鼓直)

●ガブリエル ガルシア=マルケス(1928-2014)コロンビア ※1982ノーベル文学賞

『百年の孤独』『コレラの時代の愛』が、ノルウェイ・ブッククラブによって「世界傑作文学100」に選ばれる(2002)。

読んだら、何かが変わるんじゃないか?…
と、期待して読み始める本が、今までにも何冊かある。

この作品も、そういう感じでどうしても読みたくなった1冊。

そして、読み終わって鳥肌。
すぐにもう1回最初から読みたくなった。

リアルの中に不思議(幻想)が普通に書かれているという、おったまげ物語。
しかし、特に誇張されず、抑揚を抑えた文章の中に流れるように記されている。

「マジック(魔術的)リアリズム」と共に、この「書き方」が見事なんだろう。

どういう語り手がどう語るのか。
リアルと幻想が混ざり合った物語を、淡々と抑揚なく読者に聞かせる語り手。
不思議な逸話もサラサラと読むことができたのは、落ち着いた語り手のマジック。

見落とした場面もあるかもしれない。それほど違和感なく書かれている。

あのことはどうなったんだろう?
と振り返ることはあるけど、説明や理解は重要ではなさそう。

ホセ・アルカディオ・ブエンディアとウルスラ・イグアランを始祖とするブエンディア一族が蜃気楼の村マコンドを創設し、隆盛を迎えながらも、やがて滅亡するまでの100年間を舞台としている。
(Wikipedia「百年の孤独」)

新たな登場人物が現れる度、次はどんな役割を持った人なんだろう?と楽しみになる。

生まれると、同じ名前が付けられる。
死に方も個性的で、死んだのに出てくる人もいる。
かなり世代を超えたのに、ずっと生きてる人もいる。

常識はずれなのか自然欲求に従ってるだけなのか?
人間の歴史って性行為と共にあるんだなぁと、客観的に生物的に思った。

ラストは色んな面で衝撃的だった。
私は、「これで完結したんだな」という安堵を感じた。

100年の間に様々な人が登場したけど…
最終的に、「1つの魂」の話のような気がした。

作家:ガルシア=マルケスの、才能とセンスと経験と技術と人柄とアイディア。
「訳者」の腕と引き出しも影響大だろう。

さらさらと静かな文体で、とんでもないことがいくつも書かれている。

列車が200両?
シーツと共に飛んでいった?
血液が意思を持っている?
おじいさん栗の木に?
え?さっき死んだよね?
雨量どんだけ?

「この本は、どのページから読んでも面白い」と、どなたかが書かれていた。
もっと言うと、どの1文を読んでも面白い

1文1文が面白くて美しい文章。
その名詞にその形容詞なんだ…という感じで、文章もマジック。

言葉や文字って、きっとまだまだ遊べるんだろうな。
そしてこの本は、空想に浸ったりイメージする楽しさも教えてくれる。

『百年の孤独』はわくわくしっぱなしで読めた。
今度は焦らずゆっくり、読むつもりだ。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ 
ご訪問ありがとうございます♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク