時々「かわせみ」と遭遇する件。

今日、出かけようと思って外へ出たら、用水路でバタバタしている「鳥」がいました。

色が濃くて目立っていたので、もしや?と思い、一眼レフを構えました。

(この写真の中に鳥がいます)

↓アップにしても見えにくいのですが…<(_ _)>

やっぱり「かわせみ」でした。

まさか賃貸付近にいるとは。駐車場横の用水路を飛んでいました。

お腹は濃いオレンジ。頭から背中・羽にかけて青い。とても鮮やかな色。かわせみは漢字で「翡翠」と書きます。「ヒスイ」とも読みます。まさに飛ぶ宝石です。

そして、口ばしが細長いのも特徴。口ばしの下側が赤いと雌で、黒だと雄。

幻想的で美しいこの鳥に遭遇すると、何か良いことの「お知らせ」ではないかと、思ってしまいます。

カワセミと遭遇したのは、これが2回目。1回目は自然公園の池の上。
※ この記事を書いたあと、またまた賃貸隣の用水路でカワセミを見ました。今のところ合計3回。

名作児童文学、メーテルリンクの『青い鳥』。

チルチルとミチルは幸せの青い鳥を探しにでかけますが、青い鳥はみつからずがっかりします。だけど、身近な生活の中に青い鳥はすでにいるんですよ、というようなお話。

カワセミも近くにいたし。
私の幸せも近くにあるというメッセージだったんだろうか?
日常のすべては奇跡的だな。

いつかカワセミ見たいとずっと思ってたけど、もう3回も見れてしまった。
何か幸せ。

●すっごく欲しい本。

●児童文学だが主題は深い。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク