『ベスト・エッセイ 2017』を読みました。75名の作家のエッセイ集。

エッセイの課題のために、読んだ本です。

『ベスト・エッセイ 2017』

『ベスト・エッセイ 2017』光村図書(2017)
日本文芸家協会編

編集委員:角田光代、林真理子、藤沢周、町田康、三浦しおん

2016年に発表されたエッセイの中からの厳選75編。

作家(あいうえお順):アーサー・ビナード、青山七恵、阿川佐和子、あまんきみこ、池澤夏樹、伊藤比呂美、井上都、永麻理、蛭子能収、岡野弘彦、小川洋子、奥本大三郎、加賀乙彦、角田光代、片岡義男、勝又浩、金原瑞人、川村湊、岸本佐知子、金田一秀穂、工藤美代子、黒木渚、小島慶子、佐々涼子、佐藤究、三宮麻由子、椎名誠、重本恵津子、柴崎友香、柴田元幸、しまおまほ、下重暁子、辛酸なめ子、鈴木俊貴、瀬戸内寂聴、高橋源一郎、髙村薫、武田砂鉄、竹宮惠子、司修、寺尾紗穂、中沢けい、中村文則、野見山暁治、萩原健太、橋本幸士、馬場基、林真理子、原田ひ香、東山彰良、久間十義、姫野カオルコ、平沼義之、平松洋子、福岡伸一、藤沢周、藤野可織、星野博美、穂村弘、堀江敏幸、町田 康、松木武彦、三浦豪太、三浦しをん、宮城公博、村田喜代子、村松友視、山川宏治、山田詠美、行定勲、養老孟司、吉田篤弘、リービ英雄、ワクサカソウヘイ、渡辺佑基

タイトル一覧はamazonに掲載されています(真ん中あたり)
→『ベスト・エッセイ2017』(amazon)

1997年から、毎年発売されているエッセイ集。
これだけの作家さんのエッセイを1冊で読めるなんて、ありがたい。

自分が課題でエッセイを書くことになったので、勉強のために読んでみた。

短文なので、さらりと読んでピリっとする。
エッセイは、これが丁度良い塩梅なのかもしれない。

共感するエッセイもあったし、新しい知識を授けてくれたエッセイもある。
そういう文章をいくつも読めて、「福袋」みたいで面白かった。

しっとりと文章に浸るには、1人の作家さんが書いた1冊のエッセイ集がいいと思う。
文体もそう変わらないので、すっと読めて入り込める。

そういう1人の作家さんと出会うきっかけにも、この本はなるだろう。
たくさんの作家さんの文章や日常(内容)と出会えて、けっこうワクワクもする。

なかなか面白いエッセイ集だった。
ハードカバーしかないので、文庫本だったらな…と思う。
バッグに入れて持ち歩きやすいのにな。

この本を読んだ時、すでに課題のエッセイは書き上げていた。
わりと重い内容だったので、数か所、文章を軽めに書き変えた。

作家の先生方のエッセイは、サラッと読めて余韻が楽しめる。
初心者の私のは、なんか、がっつり重かった。

読み手に疲れ果ててもらうために書くわけじゃないよな…と思った。

色々書いて、さじ加減を覚えていきたい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク