『わたくし率 イン 歯ー、または世界』を読みました。

『わたくし率 イン 歯ー、または世界』川上未映子 講談社(2007)

タイトルが変わってるから、中もかな?
とは思ってページを開いたけど、ほんとに中もそうだった。

この個性的な文章が「読みにくい」という感想もあるけど、私は苦なく読めた。
「詩」のような文章だった。

が、個性的な書き方に興味が津々とわき、本文の内容とは別に技法を意識しながら読んだのは、その通り。邪魔になったわけではない。

ベタな感想だけど、ストレートに面白かった。
笑える話ではないけど、後半の錯乱ぶりが良かったし、スイッチ入った青木の彼女が説得力あって格好良かった。錯乱は、静かに最初からともいえる。

わたしを証明するのは、なぜ奥歯なのか。

だんだんわかってくる。
わたし…青木…手紙…日記…表の裏にあるもの。

三年子というキャラも印象強い。
手紙をポケットに押し入れたり、つねじったりする三年子。
主人公が飛び出した時の三年子はすごかった。

青木の彼女のことは、ちょっと好きになった。
おろおろしている青木の隣りで、彼女は主人公を滅多切り。
何ページも滅多切り。

しっちゃかめっちゃかのようで、様々な技法のある小説。

アメリカのアニメを見ているような感じもしたけど…
意外に、とてもせつない話だった。

終わらない。

ページを開いて、まず、その「文字の大きさ」が嬉しかった。
これは、文庫本ではなく単行本だ。

読みやすそう…と、最初に思わせてくれるのも、興味をひくという技法の1つと思っていいんじゃないかと思う。

中年になると、そう思う。
だんだん大きい字が好きになる。(苦笑)

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ 
ご訪問ありがとうございます♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク