何気ない秋の一日。田舎の秋は遠くまでキレイ。

秋風とお日様に呼ばれた気がしたので、外出。

銀杏の木が、キレイでした。
青空に黄色いはっぱが映えて、アートでした。

銀杏の木の周りは、踏まれたギンナンの臭いがきついですけど…
その香りも含めて、銀杏なんだよなって思います。

この銀杏の木のまわりは、黄金の田んぼでした。
帰るころには、全部カットされて田んぼの地肌が見えてました。
刈取りは、あっという間。

脱穀したものを大きな袋に入れて、
それをおじいちゃんが猫車で、何往復も運んでました。

数か月かけて育てるの、重労働ですよね。
お米は1粒も残せませんっ。

この公園の遊歩道はかなり立派なのに、あまり人がいないのです。

だから、ここが好き。
人気が出ないでほしいな~って、こっそり思ってます。

缶コーヒーの何が好きかって…「ぬるさ」です。
缶はちょっと熱くて、中は絶妙な温度。

正直、缶コーヒーはブラックでも甘ったるいのでもどれでも良し。
だから、値段の”安さ”で選んでしまいます。

この缶コーヒーは120円。
他は全部130円以上。

隣りに来た年長さんくらいの男の子は、お父さんがお金を入れたあと、「ウェルチ(ぶどう)」のボタンをバシッと押してました。

なんか、缶コーヒーを値段で選んだ私と、さっとウェルチのボタンを押した彼との、舌の差を感じました。

「あ~田舎暮らしに憧れるぅ」って、たまに思う自分。
そしてすぐに「あ~田舎に住んでた~」って思い出します。

これ以上の更なる何を求めているのか?

田舎の秋は、空気も景色もきれいです。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ 
ご訪問ありがとうございます♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク