5ヶ月かけた色彩の課題完成。色彩は文章には必須だと思った。

色彩の科目の課題に取かかって、5ヶ月経過。
課題は、作品+レポートの2つ。

作品は完成していましたが、昨日ようやくレポートも完成しました。
時間をかけて学ぶという課題もなかなか面白かったけど、モチベーション落として失くしそうでした。

長かった。
やっとできた。

さっそく提出します!!!

文章を勉強しながら「色彩科目」をとったのは、単純に興味から。

だけどやってみて、意外と文章には色彩感覚重要だなと感じました。
文章の中には、色への意識があった方がいい。

文章に「色」を意識して織り込むと、文章が3Dになるんですよね。
素人の平べったい文章だからこそ、すごく差が出る。

色だけじゃなく、温度や香りや音なんかもそうかも。

「揚げたてコロッケ」って文字だけで…
コロッケの色、あつあつ、サクサク、香り、味、食感……色々と想像できます。

経験と記憶は必要だけど、文字からここまで感覚を再現できる。
そのようなことに、色彩の勉強の中で気付きました。

いい勉強ができてよかった。
「揚げたてコロッケ」みたいな文章をめざそっと。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ 
ご訪問ありがとうございます♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク