『ひとり暮らしののぞみさん』を読みました。読み応えのある物語絵本。

『ひとり暮らしののぞみさん』 文:蜂飼耳 絵:大野八生 径書房(2003)

※ 蜂飼耳:『いまにもうるおっていく陣地』で、1999年に第五回中原中也賞受賞

ふしぎできれいな本でした。
絵本であり、物語であり、たぶん詩でもある。

64頁の物語絵本。

ひとり暮らしののぞみさんの部屋に鳥かごがあって…妙な展開していきます。
鳥が玄関から来ます。大きいのと小さいの。

いいなぁ。
ひとり暮らしの青玉さんの部屋にも、鳥来てほしいです。

一緒にお茶したり、川の字になって寝たいなぁ。

ちょっと切ないような、さみしいようなお話。

繊細なイラストも、とても美しくて可愛いです。
小さい鳥は、隠れてるみたいに描かれてたり。

私ももし、人間とか動物とかと暮らすようになったとしても、ずっと1は1なのだろう。
出会いがあれば必ず別れもあるけど、そこからまた1人でやっていくしかない。

3が1になると、ぐっと1感が増すのかもしれないし…
3が1になってももう、1ではないのかもしれません。

一緒にいる時間も大事にしたいけど…
離れてからの距離感も、重要POINTなのでしょう。

別れよりも「出会い」の方に重点おきたいですけどね。

自分の想像を膨らませ、自分なりに考えてみる。
そんな余白が多く準備されているような本。

ステキな1冊でした。

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク