中年大学生のゆるゆる勉強生活≫ 2017年11月の月記

2017年が終わろうとしてるんですねぇ。
学生としては、1年はまだあと4か月あるけど。

年賀状、書かないと。

中年大学生のゆるゆる勉強生活≫ 2017年11月の月記

11月は、レポート提出の失敗を「2回」もしました💦。

「提出手続き」の確認不足で、〆切に間に合わず。
シラバスをよく読まないとこうなるのだと、2回も痛感しました。

通学してた大学では、課題の提出手続きに戸惑うことはありませんでした。今回は、通信だし芸大だしってのもあるだろうけど、パターンが色々あるから少々ややこしいです。

そろそろ慣れよう。

11月のスクーリング

大学に行くと、ちらほら知った人に会えるようになりました。「あ、お久しぶりです~」とか言いあえる人ができた。まぁ中年なので、近くの席の人には普通に声かけますけどね。

宿泊したゲストハウスでは、たこ焼きパーティー。中年も混ぜてくれる懐の深さに感謝♪ 外に出れば、誰かと出会える。だから引きこもっていてはもったいない。

詩人との出会い

こつこつと「詩」を書いている、若い女性と出会いました。文学フリマのブースでも売り始めたとのこと。勇気の一歩だな。

小さな手作りの詩集を1つ購入。彼女の今がそこにあった。

文字を面白く並べたデザイン的なページがあって…言葉(文字)って読み取るだけじゃなくて、見て楽しむことも出来るんだと知った。

表現する人はみなアーティストだわ。

公募に応募

11月は、初の「エッセイ」の公募に応募しました。
お初のわりに、ちょっと斬新な書き方をしたので、問題外とされるかもしれません。

ま、でも何でも挑戦!
大学の課題で慣れたおかげで、何度も丁寧に「推敲」しました。そういう部分も反映されているといいなぁ。

短編小説の評価

かれこれ3ヶ月ほど前に提出した「短編小説」の評価が付きました。
88点でした。Aかな?

この科目は添削コメントはないので、点数がついて終わり。どこがどう「-12点」なのかを教えてもらえると、次の創作に生かせるのになぁと思いつつも、そういうシステムだから仕方ない。

大学で創作の扉を少し開いてもらったけど、あとどうするかは自分次第。大学が刺激にはなっているけど、大学が障害にならないように、気を付けようと思ったりすることがあります。

…そんな感じで、11月を過ごしました。

11月の成果

●試験(なし)
●課題提出(なし)
●スクーリング(1回:2日間)
★単位Get(2単位)
※合計取得単位(17単位)
※評価待ち単位(6単位)

2017年4月から、通信制大学へ3年次編入。 「読み書き」の勉強してます。 日記ではなく「月記」として、勉強生活を記録したい...
スポンサーリンク
スポンサーリンク