荻原浩『花のさくら通り』を読みました。

荻原浩『花のさくら通り』

(文庫本:集英社文庫2015)(単行本:集英社2012)

TVドラマ『ユニバーサル広告社〜あなたの人生、売り込みます!〜』(2017)が面白かったので、原作を読んでみました。

小説はまた、全然違うと言っても過言ではないかもしれません。
広告社の人や、話の大筋(ねらい)は同じですが、内容はずいぶんボリュームがあります! 文庫本自体も分厚くて、計ったら2.3cmありました。

小説ではまた、さくら通り商店街を別角度から見られます。

***

ユニバーサル広告社シリーズとしては、『オロロ畑でつかまえて』『なかよし小鳩組』に続く3作目となります。私は『花の…』しか読んでいませんが、ドラマを観て主要登場人物がわかっていたからか、スムーズに読めました。観てなくても楽しめると思います。

***

元コピーライターの著者:荻原浩さんの、コピーセンスがあちこちに花咲いています。文章のくくりにだいたいオチがある。何度か吹出しました。そして、面白い部分にいっぱい線を引きました。おやじギャグ的なのもちょっとあるけど……。

荻原さんの頭や心には、こういう場面やこういう言葉が渦巻いていて、溢れて作品になるのでしょう。

***

だけど、面白さだけではないです。

ちょっとだけネタバレしますが、「お寺と教会」が出てきます。その両方がわりと詳しく書かれています。実は私はクリスチャンなのですが、教会の部分は何一つ間違いなく事実が描かれています。すごいな!って思いました。

本の最後に「参考文献」が記されていました。
色々調べて学んで書かれたのだなぁと、改めて感動。

***

この作品は、連続ドラマを観るように、毎晩、少しずつ読み進めました。
さくら通り商店街とユニバーサル広告社のある町に、私も長居したかったのだと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク