倉狩聡『かにみそ』を読みました。可愛い表紙なのにホラー。

『かにみそ』

第20回日本ホラー小説大賞優秀賞受賞作

***

ずっと読みたかった作品。
ホラーなのに可愛いイラスト。
ギャップがいい。

著者の他の作品も、西島大介さんのイラストだ。
村上春樹さん&佐々木マキさん的なタッグだろうか。
いいなぁ。

***

主人公は蟹を飼い始める。
最初は普通な感じで読んでたけど、気が付くと恐ろしい話になっていた。

蟹がおだんごを作るというのを、私は知らなかった。
「カニ だんご」でググったら、蟹がおだんごを作るのは事実だった。
知らなかったー。

ストーリーの中ではけっこう大量のおだんごを作っていた。
検索で出てきた画像も、かなりの量だった。

蟹にそんなことができたとは……。

***

この作品は、ホラーというジャンルに括りきれない。
読み終えてほんのり感動。
感想は人それぞれでしょうね。

恐ろしい見た目のオバケが出てくるホラーではない。
そういう「脅かす系」ではなく、リアルが少し歪んだような感じかな。
じわじわ。

こんな面白いこと考える著者って……
きっと毎日、面白い妄想してる人なんだろうな。

私も練習で、短編ホラーに挑戦してみよ。
目が3つ鼻が2つくらいしか思い浮かばないけど。

***

単行本には『百合の火葬』という作品と、巻末に「第20回日本ホラー小説大賞選評」が付いている。この回で受賞した『かにみそ(優秀賞)』と『ウラミズ(読者賞)』についての選考委員4名の選評。

こちらもなかなか面白くて熟読した。

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク