何を書くのか決めるのも難しい。ネコもパンも書きましょ。

どんな小説を書くか、毎日悩みます。

自然に頭に浮かんでくるストーリーは「私小説」的なことばかり。
私は私小説じゃなくて、フィクションを書きたいと思っています。

ある作家さんが
「自分の読みたいものを書いてください」と、言われていました。

そうかなるほど、と思ったけど、私の答えは「色々読みたい」だった。

毎日、暗中模索しています。

今読みたいのはミステリー。
だからと言って、ミステリーを書きたいと思っていません。
書けそうにもないです。

はっきりしたジャンルはわからないけど、私はやっぱり、ほんわかした文章を書きたい。性描写やグロテスクなことは、必要以上に書きたくないな。

大きな賞を取る作品には「激しさ」を感じます。
そういうのが「世に求められている」作品なんだと、思い過ぎていたかもしれません。

やっぱり、自分らしく。
ほんわかしたものを書こうと思いました。

大学の先生が切実に「ネコを書かないで」と言われました。
提出課題(創作)で、ネコを登場させる人が多いのでしょう。
ちょっと笑いました。

だけど、ネコも書けばいいんだと思っています。
ネコもカフェもパンも、ベタな設定で書きたければ書けばいい。ベタでも上手く書けたら面白くなるはず。

そう思って今日から、ほんわかストーリー(短編)を1つ書いてみようと思います。
優しい余韻を感じる、ベタなのを書こうと思います。

ネコがにゃーと鳴いて、パンも食べましょう。

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク