本多孝好『at Home(アット ホーム)』を読みました。

本多孝好『at Home(アット ホーム)』

2013角川文庫(※単行本2010角川書店)

BSで映画を観たあとで、原作小説を読んでみた。
小説は短編集だった。

1:at Home
2:日曜日のヤドカリ
3:リバイバル
4:共犯者たち

(※ネタばれ多少あり)

映画は竹野内豊さん、松雪泰子さん、坂口健太郎さん、お笑い芸人さんも出演。
村本さんも千原さんも、怖かった。芸人さんってお笑いのプロなのに、怖い役がお上手。

父さん、母さん、僕、妹、弟。
賑やかな団らんシーンから始まるので、明るい犯罪家族の話かと思いきや、一人ひとりに酷なエピソードがあった。母さんの詐欺失敗をきっかけに、徐々に、この家族が血縁でないことがわかる。

エピソードは、映画と小説で少し違っていた。
小説の方の妹の元の家族は、そこから逃げたいというよりも、そこにいる必要がないという感じだった。小説のエピソードもまた、とても切ない。

疑似家族とか、銃とか、あり得ない設定すぎるというレビューもあったけど、私は、あり得ないくらいの設定が好き。確かに、「子どもが銃?元の家族は?住民票は?学校は?」など気になる部分はあったけど、フィクションを読んでるんだし。

ドキュメンタリー寄りじゃない方が、救われる感がある。

銃と言えば、中村文則さんの『銃』を思い出す。
銃を持っていると、どう使わないかを考えながら、どう役立てるかを考えちゃうのかもしれない。持ったこともないし、持つこともないだろうから、想像に委ねやすいかもしれない。

中村文則『銃』 2012河出文庫(単行本2003新潮社) ●2002年第34回新潮新人賞 ◇ はらはらしました。...

『at Home』は、最終的には、犯罪で生計を立てながら、支え合って生きている家族なんだと納得した。肉親や配偶者にうんざりした人が、家族を再形成した話。家族は血縁とかじゃなく、築き上げるもんだと。

映画は何度もみても涙が溢れる。
倫理的にはどうかと思う部分もあるけど、人に迷惑をかけながらでも、互いを思い合う家族がいるのは、いいことなのかなぁ。

とにかく、号泣してしまうのだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク