思春期の笑い声と夏空。

お昼ごろ…
ベランダの向うから、弾けるような思春期女子の笑い声。

はしゃいで悪ふざけをしてるのか?
と思ってベランダから覗いて見てみたら、数件先のお宅で「流しそうめん」をしていました。

お母さんと数名の女子たち。
キャーキャーと、高いトーンが夏の空に響きわたる。

あぁ。
私にもあんな時があったなぁと、しみじみ耳を澄ませました。
騒がしいけど、楽しそう。

夏空を見上げると、思い出す場面がいくつもあります。

海辺に住んでる友達がいて、高校生の頃はよく遊びに行っていました。
映画のように、坂を自転車で下ると突き当りが海で、そのすぐ右に友達の家。

彼女の家で尾崎豊を聴かせてもらって、コンサートにも一緒に行きました。
始まる前に、尾崎が楽屋の窓を開けて顔を見せてくれました。
そして、おどけてあることをしたんですけどね。それは秘密。

そのうち彼女に年上の彼ができて、不登校となって…
顔を見に家まで行ったら、彼女のお母さんの表情が浮かなくて、すぐに帰りました。
それから少しずつ疎遠に…。

ありがちな青春の一コマだけど、社会人になってからは作れない思い出。

こういう思い出を、ボケて忘れないうちに小説にしてみたいです。
というのは、秘かな願望。…腕がない。

**

若いうちは、きゃーきゃーはしゃいで、思い出をたくさん作る時期ですね。
たまには怖い目にあったり、ケンカしたり仲直りしたり、家族を嫌いになったり、家出を考えたりもしつつ、友達と一生懸命遊ぶのが大事だと思う。

流しそうめんのあとは、水遊びでもしているのか? ホラーくらい悲鳴が上がっています。
きゃぁーっ! ぎゃぁーっ! と。

もーのすごくうるさいけど、良い声です。

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク