村田紗耶香『殺人出産』を読みました。

村田紗耶香『殺人出産』

2016講談社文庫(単行本2014講談社)
(「殺人出産」「トリプル」「清潔な結婚」「余命」の4作収録)

「殺人」というのは、たいがいの人が経験ないし、しない経験だろうから、小説には殺人ものも多いのだろうか。

『殺人出産』は、殺人のもう1歩先をいったような話だった。

(※ 少しネタバレしますがラストは書きません)

「産み人」と「死に人」が出てくる。
10人産んだら1人殺せるという、ぶっ飛んだ設定。10人産むのが「産み人」、殺されるのが「死に人」。1人殺しても、10人産んでるから良かろうという考え。男性も人口子宮で「産み人」になれる。

最後の方は、おどろおどろしい描写が続く。
殺人のその先だ。

リアルにはない設定なので、「次、こうなるんじゃないか?」という予想が立たず。ページをめくって読むまでわからない。

収録の4作品どれも、え?っていうお話。
村田さんの本を読みたくて、全く予備知識なく読んだのだけれど……そのクレイジーぶりに目が点になった。タイトルがおどろおどろしいとは思ったけど、まさかその通りの内容だとは思わず。

読み終えてなんかもう「別世界へ飛ばせてくれてありがとうございます」という感じになった。合掌。

もっともっとぶっ飛んだ世界を、表現し続けて欲しい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク