映画『残穢(ざんえ)』を観ました。ホラーというかミステリー?

BSでやっていた、映画『残穢(ざんえ)』を観ました。

怖い映画は苦手なんですが、最近「ホラー小説」を書いてみたい気持ちが募っていて、その勉強の一環で。

だけど、構えていたよりも怖くなくて、少々拍子抜け。ホラーというよりも、ミステリーのようでした。じわじわと謎が解かれていくのはとても面白かったので、妙な「怖がらせ」演出が無い方が怖かったんじゃないかな?と感じました。素人意見ですが。

※ この先、ネタバレも含んだ個人の感想です(覚書)。

原作小説(著:小野不由美氏)を読んでいないので、元々がわかりません。

映画はやっぱり、観客をビビらせようとして音を出したり、怖っぽく霊が出てきたり、夜に廃屋を訪ねたりと、「怖いだろ怖いだろ」というごり押し感を受けました。映画館で友達ときゃーきゃー言って観るものなのかな? ジェットコースター的な。

ラストは畳みかけるように「見ても聞いても祟られる」とのことでした。エンドロール中には曰く付きの掛け軸が出てきて、それを観た観客のあなたも……ってなことになります。最後まで観客へのしつこい「説得」のようでした。余韻を味わいたかったな。

そして、
観客に対してそこまで念を押す割に、関わったはずの主要人物が死なないんですよ。

アパートを引っ越した青年が、引っ越し先にまでついて回る怪奇現象に怯えて自殺しましたが、それって祟りで死んだというより、怪奇現象が嫌で自分の意志で自死しています。

だから、怪奇現象に耐えられたら、通常生活OKなのでしょう。
鈍感な人なら大丈夫。同じアパート内でも、全く気付いてない主婦の人もいたし。

だけどなんでか、主要じゃない編集者の男性が黒い霊に襲われていました。その後、亡くなったのかはわかりません。しかし、黒い霊は悪い霊という立ち位置なんでしょうけど、何故あぁなったのか事情がわかってからは黒い霊が気の毒すぎて、被害者にしか見えなくなりました。そりゃあ言いたいこともあるから出てくるのでしょう。合掌です。

霊の登場の仕方は、貞子寄りでした。
はいはいに、白目の上から目線。定番でしょうか。

怪奇部分はサラッと流して、ミステリー(謎解き)重きで良かったんじゃないかと思います。あなたが住んでる場所には、思いがけない過去(歴史)があるかもよって。その後は観客の日常と想像の中で恐怖を膨らませてください、で良かったような。

面白いことを言おうとすると、逆にウケない。
怖がらせようとし過ぎるから、返って怖くない。

ホラーって、映画も楽しめるんだろうけど、映像よりも文章の方が余韻が残っていいのかも?とも思いました。

やっぱり、強烈ヒロイン貞子&伽耶子は最強ですね。
昔、貞子とプリクラ撮った記憶があります。バックは井戸です。映画になって面白いホラー作品もありますね。

原作を早く読みたいです。
原作は、映画とはずいぶん違うんじゃないかな?と予想。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク