岩井志麻子『ぼっけえ、きょうてえ』を読みました。

『ぼっけえ、きょうてえ』

岩井志麻子 (単行本1999角川書店)(文庫本2002角川文庫)

※ 第6回日本ホラー小説大賞受賞作

**

同郷の作家さんで、一番気になるお方です。

ヒョウの恰好?されてるとき、可愛いですよね。堂々とした自然な官能発言にも、私は好感を持っています。お股から尻尾を出してるときとか「あ~先生~」って思うけど、全く羞恥心を感じてないところが素敵で、憧れます。

だんだん作家のイメージが薄らいでいってますが、岩井先生は本当はすごい作家さんです。この『ぼっけえ、きょうてえ』は、ものすごく面白くて奥深い作品です。短編なのにホラー小説大賞で、大賞を受賞した初の作品。それくらいインパクトのある、秀作だったのでしょう。っていうか、読んでみたらそれは感じとれます。面白さがギュッと締まっています。

**(以下覚書。少しネタバレも含みます)

岡山の遊郭で、女郎さんがお客さんに淡々と語りかけます。
この岡山弁が、リズミカルで素敵。いつも私も使ってる方言だけど、岡山弁ってどうも、ヤンキー言葉・年寄り言葉って雰囲気があります。でもこの作品の岡山弁は、田舎臭さの中に艶や可愛さを感じます。地の文が全部「女郎さんのお喋り」という書き方も手伝って、この女郎さんがどんな人なのか、話し方からイメージできて面白い。

昔語りの部分は勉強になりました。
「間引く」ことが当たり前の時代があったんだと。赤ちゃん可愛い♪とか、そんなのほほんじゃなくて、働き手になるかどうか、お金になるかどうかの切実な問題。生活苦の中では、当然必要な計算。避妊もままならない時代。物悲しい川の流れと、処分される赤ちゃん。

語っている女郎さんの秘密は、読み進めるとだんだん知り得てきます。怖さもあるけど、興味深い面白さです。「昔・田舎・着物の女性」というホラー的要素が詰まってますが、お化けものであって人情もので、歴史もので…。かなり深みに引き込まれて、あっという間に押し出されます(短編なので)。不思議な空間を、女郎さんに手を引かれてすっと歩かされた感じ。

久しぶりに、出会えて嬉しいと思った作品でした。
岩井先生の著書はいくつか読んでますが、なんでかこの、一番の代表作を後回しにしていました。今の私の旬が「ホラー」だから、タイミング良かったのかも。

ホラーって怖いだけじゃないのだと、じわじわわかってきました。

短編集なので4作品収録されています。
「ぼっけぇ、きょうてぇ」「密告函」「あまぞわい」「依って件(くだん)の如し」

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク