中年大学生のゆるゆる勉強生活≫ 宿泊のスクーリングはやっぱ大変

通信制大学に入学する際「スクーリング」はネックになる。

家から毎日通える範囲だと問題ない。
だけど、今回私は「宿泊」必須だったので、本当に大変さを感じている。
遠方からスクーリングに行くのは、めっちゃ大変。

しかも宿泊も「前のり」になる。
帰りはぎりぎり高速バスに乗れるので、もう1泊しなくても良いのは御の字。

スクーリングはすごく疲れる。
正直「行きたくないなぁ」と、毎回思ってしまう。
講義の内容うんぬんじゃなくて、準備や手続きにやられてしまうのだ。

・まずは「スクーリング」の申し込みをする。
・スクーリングの予約が取れたら「宿泊先」を探して予約。
・「高速バス」の予約をする、「予習」をする、「参考文献」を図書館で借りて読む。
・直前になったら「荷物」の準備を始める。
・3日半ほどの「服装」を考えて計算しながら洗濯する。
・「薬や化粧品」も準備する。
・部屋も一応「掃除・片付け」しておく。

スクーリング中、ホッとできる時間は非常に少ない。
宿泊・外食・移動・勉強・慣れない環境・慣れてない人たち。
「緊張」の抜けない数日を過ごすことになる。

だけど、
いつも孤独に勉強している通信大学生にとって、スクーリングはとても有難いものでもある。
「面接授業」はやっぱりすごくいいのだ。

先生から学び、みんなからも学ぶ。
大学という現場で、現場の空気を感じるのもとてもいい。

学生でいっぱいのバス停。
図書館には学生証で入る。
学食は安くててんこ盛り。
同じ目的の人達がいる教室。

自宅学習中とは比較にならない、大学生らしさを感じることができる。

大学に行くのは、月のどこかの週末だけだ。
大学に行く為にはまず、高速バスと宿泊先の予約をしないといけない。
若い頃に、実家から毎日通っていた大学とは、また違う。

毎月1回、月のもののように訪れるスクーリング。
やっほー楽しみ!って気分にはならないけど、大事なこの日を「そろそろだな~」と静かに構えている。

今週末は3日間のスクーリングで3泊4日。
もろもろの荷物の準備に追われて、すっかり予習を忘れていることに気付く。

緊張もじわじわと高まっている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク