時々「かわせみ」と遭遇する件。

(この写真の中に鳥がいます)

駐車場脇の用水路で、バタバタしている「鳥」がいました。
色が濃くて目立っていたので、もしや?と思い、一眼レフを構えました。

アップにしても見えにくいのですが……

やっぱり「かわせみ」でした。
まさか家の近所にいるとは、灯台下暗し。

お腹は濃いオレンジ。
頭から背中・羽にかけて青い。
とても鮮やかな色。

そして、口ばしが細長いのも特徴。
口ばしの下側が赤いと雌で、黒だと雄。

エサをとるために、空中で静止したように飛ぶんですよね。
なんともファンタジーな飛び方。

かわせみは漢字で「翡翠」と書きます。
「ヒスイ」とも読み、まさに飛ぶ宝石。

幻想的で美しいこの鳥に遭遇すると、何か「良いことのお知らせ」ではないかと思ってしまいます。

追記で……
この記事を書いたあと、また用水路でカワセミと遭遇しました(3回目)!

ちなみに、1回目は自然公園の池の上で、とても素敵な光景でした。

まさか用水路にいるなんて思いもせず。
わりと「遠くの山奥」まで探しに行ったこともあるけど、そのときは遭遇しませんでした。

まさにメーテルリンクの『青い鳥』。
幸福の象徴である青い鳥は、鳥カゴの中にいました、ってやつです。

用水路とカワセミがリンクするような、柔軟な頭になりたいです。

●すっごく欲しい本。

●児童文学だが主題は深い。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク