中年大学生のゆるゆる勉強生活≫ 課題で「書簡体小説」に挑戦中

今度は課題で「書簡体小説(短編)」を書いてます。

書簡体小説というのは、手紙のやりとりでできたストーリーです。
面白いけど難しい。

大学に行ってなかったら、一生書かなかっただろう。

私が書簡体小説を書くだなんて、チャレンジが大きすぎて笑えます。

普通の小説すらほぼ書いたことがないのに、お手紙のやりとりの小説です。
すごいな、大学ってスパルタ。

短編なので、手紙のやりとりは1往復だけ。
その1往復をストーリーにしないといけません。

私の考えたお話は……
1通目は少し不可解な内容で、その返事になる2通目は「え?」って人から返ってきて、1通目の不可解の謎が解けるという内容です。

ベタですけどね。
もう、ただただ一生懸命書くのみです。

以下、わりと有名な書簡体小説。

・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』(1774)
・ジーン・ウェブスター『あしながおじさん』(1912年)
・太宰治『風の便り』(1941)『トカトントン』(1947)
・村上春樹『カンガルー通信』(1981)
・湊かなえ『往復書簡』(2012・文庫)1)十年後の卒業文集 2)二十年後の宿題 3)十五年後の補修 4)一年後の連絡網
単行本は1~3)までですが、文庫本には4)がついてます。吉永さゆりさんのコメントも。「十五年後の補修」はTVドラマになりました。

書簡体小説は、18世紀からフランスなどで盛んになったとのことです。

通信手段としての手紙でストーリーを綴るなんて、面白いアイディアだわ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク




コメント

  1. 失礼します。

    「ついつい遠くに手を伸ばしがちだけど、身近なところに全て準備されている。」
    確かにそうだなあと思いました。
    何か自分にもつながるところがあるような、、、

    推敲頑張ってください!

    • aodamassi より:

      bycha様

      ご訪問&コメントありがとうございます。
      ただただ呟いているような記事ですが、下の方まで読んでいただけたなんて嬉しい限りです(^^)。
      推敲がんばって、面白い作品に仕上げます!

      bychaさんは、アフィブログで成果を上げておられるのですね。
      すごいと思います!