Bluetooth接続ワイアレスキーボードを購入。スマホと接続して文章を打っています。

amazonで「ワイアレス・キーボード」を買いました。


Logicool ロジクール K380BK Bluetooth ワイヤレス キーボード マルチOS:Windows Mac iOS Android Chrome OS対応

商品ページにある「動画」を観ると、このキーボードのコンパクトさがよくわかります。あの動画とレビューが購入の決めてとなりました。

スマホとBluetooth接続(テザリング)しました。
Bluetooth機器登録は「3つ」までできます。

試しに「メモ帳」に打ってみました。思ったよりも快適です。

「I」「O」「P」のkeyの並びのところで「複数打ち」してしまうことがありますが、打ち慣れたら回数が減りました。使い慣れたらミスは減りそうです。

開封して最初に本体を持ったとき、やや重さを感じました。
キーの打ち心地は、ノートPCよりも少し重い感じで、打った感があります。私はこっちの打ち心地の方が好きだな。

このワイヤレスキーボードは、大学のスクーリングに持っていって、宿題が出たときに使おうと思っています。手書きよりもキーボードで打った方が早いので。大学の宿題は「創作(小説など)」が多いので、キーボードが欲しかったのです。

私のノートPC(dynabook)はちょっと大きめなので、持ち歩きたくはないです。なのでこのキーボードを買いました。「A4の半分」くらいの大きさなので、バッグに入れても大丈夫そうです。

買う時にずいぶん迷ったのが、スマホやタブレットを置く「溝付きのキーボード」です。

Logicool ロジクール K480BK Bluetooth ワイヤレス キーボード マルチOS:Windows Mac iOS Android Chrome OS 対応

今後「タブレット」を買ったら溝付きが便利だろうと思って、とても迷いました。ま、その時はまた買い直そうかと。こちらは溝がある分、少し大きいです。

↓ちなみに、スマホケースは「TeddyShop」さん(楽天市場)で購入。700円(送料無料)。スウェード調。色はBrownを選びました。今のスマホも長いので、すぐに機種変となって使えなくなったらもったいないけど、この値段なら嬉しいです。上記画像のように、スマホ自立します。

実はずっと、11インチ画面のノートパソコンか、「ポメラ」を買おうかな?と考えていました。だけど、何とかお金をかけずに、外でサクッと文章打てないかな?って考えて……ワイアレスキーボードにたどり着きました。

けっこう時間かけてみつけた答えです。

↓こちらはポメラDM200。小さいワープロ、いいですよねぇ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク