群ようこ『優しい言葉 パンとスープとネコ日和』を読みました。

群ようこ『優しい言葉 パンとスープとネコ日和』

2017ハルキ文庫(単行本2015角川春樹事務所)

パンとスープとネコ日和シリーズ3作目。
3作目はネコ過多で、猫好きとしては大変面白かった。

3作目もやはりアキコの日常が描かれている。主人公の日常が描かれている「だけ」とも言えるけど、ただそれだけではない。すごく引き込まれるのだ。

本を閉じたら寂しくなって、すぐに続きが読みたいと思った。

アキコの日常に、なぜこうも余韻を引くのだろうか。それはアキコ(50代女性)という主人公の人物描写だろう。アキコという人物が、どういう人で、どういう考えを持っていて、どんな風に生きているのかを、日常が表している。その人物描写が上手いから、だから面白い。

登場人物が細かく描かれる面白さ。
ストーリー展開の起伏は少なく、本当に普通のリアルにありそうな「日常」の話だ。その中で登場人物たちが生活して、生きている。身の回りにいそうな人ばかりだから、想像もしやすい。静かに生きている人たちなのに、なんだか面白い人たち。そういう人たちの組み合わせで、1つの環境が出来上がっている。

アキコ、シマちゃん、喫茶店のママ、ネコ、お料理の先生、お寺の人、タナカさん。他に、ちょっと登場する人達も、どんな人なのかわりと想像しやすい。

群ようこさんは、アキコっぽい方なのかな?

4作目を切望するっ!

『パンとスープとネコ日和』シリーズは3冊出ています(2017.9現在)。

1『パンとスープとネコ日和』2012
2『福も来た パンとスープとネコ日和』2014
3『優しい言葉 パンとスープとネコ日和』2015
(3冊とも文庫化)
群ようこ『パンとスープとネコ日和』 2013ハルキ文庫(2012単行本) ◇ 主人公アキコ(50代)の母が急死し、...
福の漢字の中の「ネ」「コ」が赤字という遊び心。 『福も来た パンとスープとネコ日和』 2016ハルキ文庫(単行本2014角川春樹...

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク