『てにをは辞典』を買いました。

『てにをは辞典』

語彙が乏しいので、辞典を買いました。

この辞典には、言葉の意味の解説はありません。「結合語」を集めた辞書です。この辞書、パラパラ読むだけでも面白いです。

最初に「坂」を引いてみました。

「ーが、多い」
「ーが、続く」
「ーに、さしかかる」
「ーの、多い町」
「息苦しいー」
「長いー」

というような文章のバリエーションが、書かれています。

その言い方で合っているのか?
もっと他の言い方があるのか?

などを調べられます。

語彙の引き出しが少ない私でも、辞書の引き出しを借りて選ぶことができます。選びながら、勉強にもなるので一石二鳥。

例えば「血管」を引いてみると……

「ーが、浮き上がる」はまぁ普通ですが「ーが、怒張する」という言葉は、私は知りませんでした。知らない言葉に遭遇することもできて勉強になります。

読みやすくて素敵な小説には、妥当な言葉(主に熟語)が使われている。上手いなと思う作家さんは、言葉の表現に長けている。

「言語表現豊かな高齢者になる」ことを、1つの目標にしたいです。もちろん創作にも役立てていきたい。語彙の豊富さ・的確さは、文才の1つ。

英語の勉強したいとしょっちゅう思うけど、国語もイマイチだから、先に国語から。

●語彙を増やすぞ。

●やっぱり意味も知りたいのでこちらも購入しました。

※後日『漢語林』も買いました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク