田中慎弥『共喰い』を読みました。

田中慎弥『共喰い』

2012集英社(文庫本2013集英社文庫)
第146回芥川賞受賞

**

この作品の舞台は「昭和63年の7月」から始まる。
主人公の遠馬は「17歳」。

余談だけど、田中慎弥さんは、私(青玉)とほぼ同い年。
で、計算してみたら、著者(&私)も、昭和63年に17歳だった。
主人公と同い年。

平成に変わる少し前のお話だけど、「戦争で」とか「下水が整備されていない」というエピソードから、昭和初期のような雰囲気を感じてしまった。

**

父親の暴力的な性行為によって産まれた遠馬。
その血を受け継いでいる自分に気を付けないとと思いつつ、父親と同じように女性に暴力をふるってしまう。

遠馬は、父親の暴力的な行為を見ているから、きっと頭でリピートして考えているうちに、否定しつつも興味になったのだろう。
性欲盛んな時期に、暴力も合わさった興奮。

強烈なことは頭で繰り返されるから、何度も予習してるのと同じだろうな。

ずいぶんと狭い人間関係。

町の中のいくつかのアイテムが、人物の心や考え方を表していて、読み込むのが面白い作品だった。
気持ちの良い内容ではないけど、地の文が美しかったので丁寧に読みすすめた。

性と暴力が出てくる作品は、吉村萬壱氏の『ハリガネムシ(過去記事)』で免疫ができたので、今回はあっさり目に感じた。物足りないということではなくて。

ハリガネムシも芥川賞受賞作品。
吉村氏の地の文も、とても美しくてうっとりする。

**

文庫本の最後に、瀬戸内寂聴さんとの対談があった。
寂聴さんにかかっては田中氏も一人の若者という感じで、面白かった。
寂聴さんの著書のあとがきみたい。

田中氏の謙虚さも醸し出されいる。
芥川賞での発言がすべてではない、奥深いお方だと好感を持った。

寂聴さんはすごい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク