中編小説 創作記録 その1~7(完)

「中編小説」完成まで、ラストスパートの1か月の記録。
(2018年10月1日~31日)

中編小説 創作記録 その1「創作再開」

2018年10月1日。

ここ数日「筆」がのっていて、3日で23,000字書けた。
数か月間、頭の中で練っていたストーリーが、ポンポン出てくる。

思いつくままキーボードを打っているから、このまま進むとどうなるかわからない。
どっかで詰まるだろうけど、ま、いいや。

集中は30分程度しか続かないのに、「お尻」が痛すぎて動けなくなる。
やっぱり、作家には「良い椅子」が必須だと知る。
森博嗣先生も、最初に高い椅子を買ったと言われていた。

新人賞とか、もらえるのならもらいたい。
だけど、作品が面白くないともらえない。

賞狙いで書いた作品は、面白くなくなる気がする。
賞欲しさに書いた作品って、どうなんだろうって気がする。

なーんて。
まだ私は、賞レースのスタートラインにも立ってなかった。

まずは、自分が「書きたいと思ったこと」を素直に書いてみよう。
ヘタでも面白くなくても、完成させてみよう。

そういう感じの意気込み。

(つづく)

中編小説 創作記録 その2「1人ミーティング」

2018年10月2日。

創作4日目。
書いた字数は「27,000字」。

勢い良く書いていたのが、頭がこんがらがって手がとまった。

そして、1人ミーティング。
PCを閉じて、自由画帳に章立てを書いていく。

今まで書いたものが、考えているラストにちゃんとつながるのか?
ここにきてそんなことやる、ど素人だ。
色々並べ変えてみて、何とか力業でつなげる。

そして、
「要のエピソード」を書き忘れていることに気付いた!
あぁなんてこと。

やっぱり、振り返るって大事。
立ち止まるって大事。
ミーティングって大事。

だいたいいつも、am2時ごろまで書いている。

惜しみなく豆の珈琲を淹れて「カフェで書いてる妄想」の中で書いている。
妄想の中で、フィクションを創作している。

安上りだ。

今日の目標は「3万字」なので、あと3000字書いたら寝よう。

(つづく)

中編小説 創作記録 その3「素人作品を添削してみて気付いたこと」

2018年10月3日。

メールで送られてきた「文芸仲間が書いた掌編小説」を読んでみた。
嫌に心地の悪い文章で、ぞっとした。
文章のリズムがおかしくて、すらすらと読めないのだ。

違和感の原因を探るため、プリントアウトして、自分勝手に「校正・添削」してみた。

じっくり読んでみると、やっぱりおかしかった。
全体的には「三人称」なのに、頻繁に「一人称」に感じる部分があった。

赤ペンで、自分なりに直した。

はっきりわかる一人称ではなく、何となく一人称。
これ、私も同じ過ちを犯しているかもな、と思った。

書いた本人が「三人称と一人称をわざと混ぜた」と言えば個性的な文体とみなされるのかな(羽田さん風に?)……

それと、
地の文に出てくる「主人公の心の言葉」がとてもわかりにくかった。
そこを(括弧)で括ってみたら少し読みやすく、わかりやすくなった。
括弧でくくる必要もないけど、書き方の問題なのだろう。

内容も事実と違うことが多くて(私の方が詳しい地域の話だった)、設定から変えて書き直してみた。

すごく疲れたけど、良い「自主勉強」をした感がある。
これから自分が書くときに、気を付ける点をいくつか見つけた。

「優れた文章」ばかり読んでても気づかないことも、あるっぽい。

作品を読ませてくれた知人に感謝。
「おかしいところがあったら教えて」と言われたけど、こんなに添削したとはさすがに言い難い。

でも、一緒に文章上達していきたいと思っている。

***

小説の方は昨夜「3万字」まで書きあげて、今日の午前中に「+2千字」書いた。
ちまちま進む。

実は、全体の構成を考え直した。
なのでこれから、大幅に章を入れ替える。
これでいいのか?って感じだけど、やる。

頭使うから、度々お腹がすいて困る。
小説が完成したとき、絶対に太ってる。

(つづく)

中編小説 創作記録 その4「混沌がなかった」

2018年10月4日。

中編小説を、32,000字まで書いてSTOPした。
手は止まったけど、頭は動かしている。

書いたところまで読んでみたら、あまりにも「整然」とし過ぎていた。
とてもわかりやすく書けていた。

これぞド素人。
最高に退屈。
「もやっ」としたところが1つもない。
論述か。

自分で突っ込んで、書き直すことにした。
今まで書いたものを土台にして「書き方」を変えてみようかと。

もっと、混沌とさせたい。
もやもやさせたい。

今日は「癖の強い」小説をいくつか引っ張り出して読んでみた。
読んでるうちに何となく「自分の小説をどう書くか」が浮かんできた。

また仕切り直し。

ストーリーは、ほぼ完成している。
だけど、ある程度書いてみると、自分の言いたいこと・含めたいことがちゃんと、軸になってるかどうか怪しくなってきた。

小説を書く「壁」って、途中にもばんばん出てくるんだなぁ。
素人だからか? ラストでも、脱稿してからもあるんだろうか……。

ひやぁぁ。

「完成したら、みなさん是非、読んでください」などとは口が裂けても言えない。
本気で自信のかけらもない。

だけど、それでもなんとか、完成させたいと思っている。

(つづく)

中編小説 創作記録 その5「執筆カレンダー作成」

2018年10月8日。

創作の予定がよくわかるように「カレンダー」を作ってみた。

あと3週間と3日。
今週中に書き上げて、来週から推敲を始める。
そんな予定にしたけど、できるとは思えない。

昨夜、今まで書いたものを「パズル」のように組み合わせて話をつなげてみた。
それなりのボリュームになったけど、ビシバシ削ったら37,500字程度になった。

6万字くらいにしたいんだけど。
ど素人のくせに、おこがましいのだろうか。

字数の問題じゃない気もするし……。

***

9月終わりごろからお酒は1滴も飲んでいない。
だから、夜の時間が長くて良い(でも朝は遅起き)。

今日も、足りない部分の執筆をしようと思う。
無駄なことやってるようだけど、意地でこの「山」を乗り越えないと向う側に行けない感じがしている。

これが脱皮なら、次に進化できて嬉しいけど、やってみないとわからない。

(つづく)

中編小説 創作記録 その6「波の違いにうろたえまくる」

2018年10月10日。

小説は「4万4千字」まで書けた。
目標にしている6万字が近づいてきて、嬉しい限り。

ここまでの字数は初めて書いた。
素人ならではの小さな喜びと達成感。

だけど、昨日は1文字も書けなかった。
些細な用事をすませた後「頭痛」がひどくなって、何にもできず……。

でも今日はすっかり元気で、筆がのっている。
昨日、書けなくて悔しくて、うろたえたのが嘘のようだ。

色んな日があるんだな。
こういう「波」の違いにうろたえてるようでは、成し遂げられないのかもな。

**

座ってる時間が長すぎて「お尻」が痛くてたまらない。
尾てい骨の辺りが、うっ血して黒くなっている。

お風呂の鏡で確認して「きゃーっ」と言った。
戦いの傷とも言えるけど、めちゃ恥ずかしい。

さて、これから4万4千字からの続きを書こう。

(つづく)

※ここからしばらく、本気で集中したので記事を書いていません。
いきなり次で「完成」します。

中編小説 創作記録 その7「完成」

完成した!

2018年10月31日お昼ごろに完成。感無量。

5万字弱。400字詰原稿用紙換算だと146枚。
6万字にしたいと思っていたけど、内容をスリムにしたので届かず。

「推敲」ってどのくらい時間(日数)かかるんだろう?
と思っていたけど、今回、私は知らぬ間に「執筆」「プロット作成」「推敲」の3つを同時にやっていたような感じだ。

同時にやりながら全体がまとまって、最後はすごい勢いで完成した。

ストーリーがかちっと決まった後はもう、迷うこともなく、誤字脱字や段落のチェック(主に校正)を2日くらいやって終了にした。

長い話はエピソードも多いし、主人公の心中を流れよく書けるかどうかわからなかった。
書けたのかどうかもわからない。
だけど何度も書き直したり組みなおしている間に、およそ全文が頭に入った。
しつこくやったからだろうけど、流れが頭に入ってからは、本当に筆が早かった。

**

中編程度のボリュームの小説を書くことが、1つの目標だった。
大学の卒論としてではなく、「自分の力」で書いてみたかったので退学した。
そして、そのときの自分の目標が、達成できた。

この創作に「何か月」かかったことか。
途中で何度もモチベーションが落ちたけど、しばらくすると復活した。
不思議なくらい1つの話に執着していた。
「吐き出さねば次へ行けない」と。

10月になってからはただもう「自分のために書きたい」という気持ちだった。
それからもまた、数日間なにもできない日もあった。
1つの「ひっかかり」に遭遇すると「ああもう乗り越えられない」とペンを捨て……。
でもまたしばらくすると、他の方法を思いついてペンを拾う。

***

昨日のお昼すぎに脱稿して、自分はどのくらいのテンションになるのか?
と思っていたら、疲れ果てて「やれやれ終わった」という気持ちの方が大きかった。
パソコンの中も机周りも、このお話の資料やメモが散乱しているので、それを早く片付けたいと思った。

夜は少しだけ赤ワインを飲んだ。

そして、
「これでまた、次のお話が書ける!」

という前向きな気持ちも出てきて、ホッとした。
「もう嫌だ」という気持ちにはならなくて、ホッとした。

ということで「中編小説 創作記録」はこれで終了。

この記事を読んでくださった方へ
「ありがとうございます」m(__)m

私は、次作に取り掛かろう。

― 完 ―

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク